AHBbanner02_2

単なる個別指導ではない「アクティブハイブリッド」

カリキュラムは個人別でも、仲間たちと学習空間を共有しながら進めるシステム

個別のブースに仕切ることなく、学習空間を共有し、みんなと一緒に学習することで、教室に醸し出される雰囲気に学習意欲が高まります。

また「その日に何から始めるのか」という学習メニューを自分で記入し、その行動をとっていくことで、自主的に学習する習慣も身に付けていきます。

講師は「コーチ」として、お子様の勉強を側面的にもサポート。講師主導の学習から、「自分主導」の学習へと、良質な変換をしていきたいと思います。

そのために「映像授業」も活用し、自分自身で「学び取る力」を育成し、その後、問題演習に取り組むことで「わかる」を「できる」に変えていくことができます。

NHKの資料も用いた、最高の映像授業。@will

映像授業は、最高の講師と最高の資料・図表による、スペシャルコンテンツ

映像授業の強み。それは「高速学習」「短期集中学習」「反復学習」などが自由自在であること。

また、1人1人に最適な指導を実行できることにあります。そして、質の高い講師陣による@willを用いた映像システムで、子供たちの潜在能力を効果的に引き出していきます。

そして、感動すら覚える「視覚的にもわかりやすい」映像を用いることで、理解を深めていきます。

例えば、火山の噴火の様子、理科の実験映像、数学の立体図形など、さまざまな場面で視覚的にも「わかる」授業が展開されるので、苦手としやすい単元も非常にわかりやすいのが特徴です。杉山1

映像視聴後の演習にこそ、意味がある。

映像授業視聴後には、「演習+テスト」

一流のスポーツ選手の講義を聞いただけで、同じことができるわけではないのと同じく、映像だけで学習が完結するわけではありません。

映像を視聴した後の「演習」が最も重要だと考えています。

そのため、演習実施の際には、講師が必ず確認をして、「生徒主導=自由学習」とならないよう、しっかりとサポートしてまいります。

ただし、すべてを1から教えることは致しません。それは、映像視聴後の演習であることもあり、「あとで教えてもらえるから」という気持ちで見てもらいたくないからです。

また、例えば英単語の意味などは、自分で調べてもらうなど、生徒が適切な知識を得るためのサポートを行い、「自分で学びとる」ことを常に意識した指導を行います。

さらに、「確認テスト」を行うことで、自身がどれだけの知識が身についたのかを意識してもらい、できなかった部分のフォローを行い、改善を図っていきます

アクティブハイブリッド 3つのダブル

3つのダブルで、生徒の学習をサポート

three

■Wティーチング

映像授業の講師と、トレーナーとしての講師の2人体制で、生徒の学習をサポート。

映像だけでは理解ができなかった部分が、もしあったとしても、理解できるようにサポートし、正しい知識の習得ができます。

また「インプット」「テスト」「演習」時のそれぞれのタイミングで、講師が確認をして、自主的な学びをサポート。

■W演習

映像授業中にも「演習の時間」が含まれています。講義を見続けるのではなく、その中で演習も行うので、理解が違います。

さらに、映像授業終了後にも「演習」の時間を設けることで、より演習の機会を増やし、定着を図ります。

この演習の時間をしっかりとることが、映像授業を視聴した価値をより高めることにもなります。

■Wテスト

映像授業終了時の「確認テスト」と、演習終了時の「チェックテスト」2回のテストを行うことで、自分の理解度を確認しながら進められます。

また、講師もその状況を把握していきますので、自立型学習のような生徒だけに任せるのではなく、一緒に進捗確認をして管理を行います。

 

これら3つのダブルで、生徒の学習意欲や、学習内容も含めて、トータルにサポート。

+1、+1mini

質問・先取り・取り戻しの時間

中学生・高校生には「+1」の時間として、50分実施。

この時間では、「授業の取り戻し」「授業の先取り」「授業の質問」を行います。

単元によっては、理解が難しい部分もあるかもしれません。そういった時に、ここで再度視聴や演習を行ったり、質問を受ける時間を設けています。

そのことで、「わからないまま進める」や「わかったつもり」にさせることを、最大限、防いでいきたいと考えています。

小学生には「+1mini」として、20分実施。

この時間では、中高生同様「授業の取り戻し」「授業の先取り」「授業の質問」を行います。

帰宅時間も考慮して、18:35~18:55の20分間で行い、学習をサポート。

 

この+1、+1miniは追加料金なしで受講できる、アクティブハイブリッド受講者のみの特典となります。

集中力を保ち、達成感を得るために

1教科50分指導でしっかり受講できます。

教科は、全科目から選択可能。1コマ50分1教科の指導。

※中学受験生、高3受験生は100分1教科としています。

小4~高3受験生対象。

中学受験・高校受験・大学受験に対応。