いよいよサマープログラム!【新たな自分の発見】

更新日時:2012年07月10日

いよいよ7月25日からサマープログラムが始まります。
 今年のサマプロは、プレタームに、特訓講座や英語構文講座、古文入門講座などを集中して配置し、宿題対策講座も全塾生に受講してもらえるようにとしています。
 また、中学生の教科書改訂、高1生の理数科目の先行改訂などもあり、非常に学校内容、テスト内容が重くなっています。
 それに伴い、サマプロも中学生であれば、英語・数学に加え理科を基本必須とし、1.8倍の教科書ボリュームを夏の間に少しでも先取りをしておきたいと考えています。
 高1生も数学と理科の学習指導要領先行改訂により、難化と高校の学習方法の会得が一気に来てしまい、苦労している生徒も多く見られます。
 テスト前だけの勉強では、もう間に合わないということを肝に銘じ、学校が休みである夏休みに、できる限り、4月~7月にわからなくなってしまっている内容の総復習と9月以降の先取りを行って余裕のある2学期を過ごせるよう、勉強法の改訂も含め、しっかりとやっていきましょう。
 中3、高3は、この夏の頑張りが秋から冬にかけて、一気に成績が上がるきっかけになる起爆剤となります。この夏をさぼってしまうと、入試までに学力の上昇カーブを描くことなく、入試を迎えてしまう人もいますので、是非気持ちを入替えて、しっかりと取り込んでいきましょう。
 高2、高1、中2、中1生の皆さんも、来るべき大学入試、高校入試を見据え、受験学年だけでは間に合わない学習量を、早めから取り組むことによって、自分の本当の学力、実力にしていきましょう。
 自分の行きたい進路に行くためには、追い込みという踏ん張りももちろん大切ですが、それにも勝る「普段からのコツコツとした努力」を惜しんではいけません。 
 『辛いことから逃げずにどれだけ頑張ったか』が、社会に出てからの大きなバックボーンになっていくのです。
 新たな自分の発見を!!