ウインタープログラム2012を振り返って

更新日時:2013年01月18日

今年のウイプロでは、いくつか初めての取り組みを実施し、その1つが、自分がどれだけ頑張ったのかという指標になればということで「単元修了証明書」を配布することにしました。
 先日も表彰をさせて頂いたのですが、1位は中1生でなんと8日間で16単元も進めることができました。また、それについで、中1・中2生、さらに小3生が同点2位で9単元、単独3位で小4生が8単元と気を吐いてくれました。
 また、26日にはサプライズイベントが決行され、写真にもありますように、トナカイやサンタの格好をした講師陣が、ケーキを生徒たちに振舞いました。その後の1コマもそのままの格好での授業となりました。多くの生徒に、携帯を向けられて写真を撮られたので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、トナカイとなった私は暑くて大変でした(笑) 
 最大10日間、中3・高3受験生は朝10時半~9時半までの約11時間となり、その他の学年の生徒でも3コマ型も多く、よく頑張ってくれました。
 RRの速読講座も、普段SHBでの授業だけの生徒も多いので、楽しい雰囲気でできているようでした。
 中1・中2生は3日間だけではありましたが、予習をしてきてくれるなど勉強に対する姿勢も良くなり、スピードも上げられたと聞いています。
 そんなウイプロでの生徒たちの頑張りを写真にて、ご紹介します。
 
保護者の皆様におかれましては、ウイプロにおかれましても、ご支援ご協力を賜り、有り難く厚く御礼申し上げます。
 一人一人の進路選択の幅が広がるよう、今後とも精一杯のサポートをして参りたく存じます。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。