中間考査真っ只中!

更新日時:2012年05月18日

GWも明け、新学年、新学期初めての中間テストが始まりました。
 昨今、定期テストの間隔が非常に狭くなってきているよう感じます。ある近隣の中学では、GW期間中にテスト1週間前を迎え、しかも、5教科のテストを1日で終わらせるという強行日程。
 中学3年生などは、そのテストで内申点が決まるというのに、本当に進路のことを深く考えてのことなのかと疑問に思います。
 そんな中、定期テスト対策講座を受講の生徒は、毎日自習&特別講座を受講しに来てくれ、重い荷物を抱え、大変そうながらもよく頑張ってくれていると思います。
 定期テスト対策講座を受講されていない生徒の皆さんも、自習は大歓迎ですので、どんどん自習に来て、勉強時間の確保と、わからない部分の質問など、1点でも多くの点数を取れるように、努力を重ねていってもらいたいと思います。
 1つ1つの積み重ねが、非常に大きなチカラとなって、自分に返ってきますので、1つ1つに手を抜くことなく「まだ、怪しい」という気持ちで頑張ってもらいたいと思います。
 また、高校1年生にとっては、今まで以上に教科数も増え、さらに理数系科目では、新学習指導要領の先行実施ということもあり、
「数Aが難しい」「物理がわからない」という声を聞いています。
わからないからといって、そのままにするのではなく、まだ始まったばかりなのですから、教科書に書いてあることをしっかり読み、問題点・疑問点を洗い出して、質問をしていきましょう。
 高校1年の1学期中間テストから、大学入試への対策は始まっています。
 今から、しっかりと積み上げていくことが、3年後の入試に有利に働くことは言うまでもありません。今週、来週からテストが始まる高校生の皆さん。
 気合いを入れて、取り組んでいきましょう!!