中3生(16期生) 第1回入試説明会のご報告

更新日時:2017年04月21日

去る4月8日に阪神西宮本校にて、15日に上甲子園校に於いて、中3生第1回入試説明会を実施いたしました。例年土曜補習スタート日に、第1回説明会を開催し、少しでも早く入試やその厳しさを知って頂き、勉強の本腰を入れてもらおうという趣旨で行っております。

 

保護者の方々におかれましては、ご多忙の中にも関わりませず、お越し頂き、誠に有難うございました。この場をお借りして御礼を申し上げます。

 

今年は総合選抜方式から複数志願選抜方式に変わり9年目、また学区再編で第2学区に変わってから4年目を迎えます。

 

この高校入試制度が変更となった8年間、3年間は、毎年のように状況が変わり、保護者の方や受験生の皆さんも第一志望や第二志望を決めるのに本当に熟慮され、悩まれたことと思います。

 

直近のH29年度入試については、超安全志向と言いますか、確実に合格できる公立高校を志願するという傾向が顕著だったように思います。

 

特に第一志望と第二志望の組み合わせが、3ランク下げるという今までにはあまり聞かなかったような状況が出てきており、学区再編以来、第2学区の第二志望に止まらないという事態を受けてのそういった安全志向になっていったのではと推測されます。

 

また、私立高校の難関校をチャレンジし、公立高校を併願で滑り止めにするといった形や、特色ある私立高校のコースや大学附属に魅力を感じられ、私立高校専願で受験するといったことも年々増えている様相です。

 

複数志願選抜の第2学区では、定員8000名程度に対し、不合格者数が800名強とおよそ1割の生徒が公立高校を不合格になってしまうという現実があります。

 

複数志願選抜はややもすると、第一志望には届かなくても、第二には何とか合格するだろうと思われがちですが、決してそんなに甘いものではないということをデータ分析の上、詳しくお話をさせて頂きました。

 

また、新中3生の皆さんには、これからどのように学習をしていけばいいのかという詳しい説明を行ったり、保護者の方だけお残り頂いて、保護者の方のサポート、入試を迎えるに当たりご留意頂きたい点などをお話させて頂く時間も設けさせていただきました。

 

ただ、90分という短い時間でしたので、ご説明など、不十分な所も数多くあったことと存じます。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 

本校、上甲子園校の16期生の皆さん、内申点が足らずに志望校をあきらめないといけないなんていう悲しいことにならないよう、今すぐスタートダッシュを切っていきましょう!