入試の話

更新日時:2014年07月30日

本日、7月30日はプレタームの最終日でした。

小6、中3、高3の各受験生は過去問にチャレンジということで

志望校の過去問にチャレンジしてもらいました。

 

中3生は、公立高校受験がメインのため、5教科となりますので、

本日、6日目では、高校入試の話をしました。

全員が、やはり高校入試の問題は難しいと感じたようで、

「もっとできるんじゃないかなと思っていた」

「数学が難しかった」

「自分のできていないところがよくわかった」

「夏休み明け、自信を持って、2学期に向えるよう、夏休み頑張ろうと思った」

という感想が聞かれました。

 

内申点10点変わると、当日その倍の20点を多く取ってはじめて、並ぶことができるんだという話や、

内申点だけでは、当日のテストで思うように点数が取れない場合、第2志望どころか、

今年度からはその他校がなくなった関係で、私立に行かないといけなくなることもある。

というような話をすると、表情も引き締まり、頑張らないといけないという意欲が見受けられました。

 

今年度から、5学区制に移行となりますので、どうなるか先の見えない入試

でき得る限りの実力をつけて、入学試験会場へ送り出したいと考えております。

夏休みはまだまだ始まったばかりですが、いざ走り出すとあっという間に終わってしまいます。

長時間の勉強に臨んでいることに満足するのではなく、その中身を重視して、

本当に自分はできているのかということを主眼にして、頑張ってもらいたいと思います。

 

受験生以外の生徒達も、それぞれの目標宣言書に掲げた言葉を達成してもらうため

精一杯のサポート、指導を行っていきたいと思います。