塾則抜粋 生徒の皆さん・保護者の方のお願い

更新日時:2015年04月15日

1.授業の振替について
「欠席・振替届」をご提出頂くことによって、授業の振替を行っております。
また生徒が勝手気ままに休んで勉強の習慣がつかなくなることを避けるため、私用の振替については、月の限度回数を設けております。
■欠席・振替届の提出方法
(A) あらかじめ事前にわかっている理由による欠席の場合
→事前に「欠席・振替届」を提出してください。
(B) 当日のケガや病気、ご不幸などによる急な欠席の場合
→授業時間までにメール、電話などで欠席をご連絡の上、後日、欠席・振替届をご提出下さい。
※(A)(B)とも後日、アドバンスより振替日をご連絡いたします。
■月の振替限度回数
(1) 私用による欠席による振替
前日までのご連絡または当日の授業前までの連絡ありの「欠席」は、
1週間の通塾回数を月の限度として、振替授業を行います。
(例)
週2回通塾・・・月間2回まで振替
週3回通塾・・・月間3回まで振替
週4回通塾・・・月間4回まで振替
(2) 止むを得ない事情(ケガ・病気・インフルエンザ・ご不幸など)の場合
原則として、ご相談の上、すべての振替を行います。ただし、虚偽の欠席理由が発覚した場合は、この限りにありません。特定伝染病での出席停止は診断書(コピー可)の提出をお願いします。
(3)トップ・教英・教数等のクラス授業も振替はすべてSHBで実施
(4)VHBの振替は、原則としてVHBですが、SHBと混合の場合もあります。
(5)土曜補習の振替は、0.5倍(半分)での振替となります。できる限り休まないで頑張りましょう。
2.授業開始前後のお電話でのご連絡につきまして
保護者の方々には、すべてのお子様の授業時間の確保、講師ミーティング時間の確保、生徒との個人面談時間の確保などという観点から緊急のご連絡以外の電話連絡は、
授業時間(16:50~18:35、19:10~21:55)、授業・ミーティング開始前(16:40~、18:50~)について、お電話をご遠慮頂くなど大変ご配慮を頂いており、感謝申し上げます。
おかげさまで満席になっている曜日も多く、また授業前は慌しい雰囲気になっていたり、スタッフ全員が授業に出講しているケースも多くあり、お電話では失礼があってもいけませんので、できる限り、ご協力を頂ければ幸甚です。
遅刻、欠席などシンプルなご連絡につきましては、メール、FAXなどでも承っておりますので、ご協力を頂けましたら幸いです。もちろん、緊急のご連絡につきましてはこの限りにありません。よろしくお願い申し上げます。

 

 

「欠席振替届」の改訂につきまして

今般改訂を行い、取り急ぎ2部ずつ改訂版を入れさせていただいております。

なくなられた場合は、入退室メールA-pit横の書類ケースに入っておりますので、ご自由に取ってご使用頂ければと思います。

また今回の改訂で、お休みされる場合は、保護者の方のご印鑑かご署名を頂くようにさせて頂きました。

今までは保護者の許可を得ているかどうかのチェック欄を設けておりましたが、昨年度、保護者の方が全くご存じない欠席があったケースが頻発し、大事なことですので、保護者の方のご確認を頂くようにさせて頂きました。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。