塾長コラム

更新日時:2018年03月03日

早いもので2月も終わりを告げようとしている時期となりました。

 

1月はいく、2月はにげる、3月はさると昔の人はよく言ったもので、本当に月日の過ぎるのが早い時期がこの3学期です。

 

受験生も、高3生は私立大学受験者はひとまず落ち着き、中3生は、私立入試と推薦特色選抜も終了し、後は3月の公立一般入試を残すのみとなりました。

 

冒頭でもご案内させて頂きましたが、私立高校入試は今年も全員100%合格を果たしてくれ、更には上位コースでの合格、特待生合格なども勝ち取ってくれ、中3生も少し安堵の表情を見せてくれました。

 

2月の公立推薦入試、特色選抜は、基本的に厳しい入試で、倍率も2倍弱になる高校も多く、必然的に2倍であれば半分の人が合格、半分の人が不合格になるという非常に厳しい入試です。毎年入試説明会でも、「推薦入試の推薦をもらえたからといって全員が合格できる入試ではありません」とお伝えしておりますが、子どもたちも何とか2月で合格したいという気持ちが出てくるわけで、我々も心を鬼にして「推薦特色は、合格すればラッキーという気持ちでいるようにしてください。決して勉強を緩めることにないように」とお伝えしています。

 

今年の推薦・特色は人気の高い県立芦屋高校に2名合格を筆頭に、7割近い合格率をはじき出してくれました。面接、小論文もしっかり対策しましたので、本当に嬉しい結果です。ただ、残念ながら、倍率の高い高校志望の方には、残念な結果になった生徒も居り、3月の一般入試でリベンジを果たしてもらうため、最後の追い込みをかけていきたいと考えております。

 

毎年この時期は胃がキリキリする時期ですが、受験生の最後の追い込みをかけてもらうとともに、新年度の準備、年度末の面談など怒涛の日々を送っております。

 

特に新年度は、来るべき2020年の教育改革の先駆けて、私共アドバンスも大きな改革を行うため、この半年間、その準備、形作りに奔走をしておりました。

 

幣塾の塾生が主体的に学習できる方法はどんな方法なのか、多様性という感性を磨いていけるにはどのような講座が必要かという観点から、3つの大きな指針を立てました。

 

① アクティブハイブリッド(AHB)の開講

② 英語LEX、英語LEXジュニアの開講

③ パズル道場の開講

 

詳細は2月にお送りいたしました改訂のご案内、簡素版と詳細版、面談などでご案内をさせて頂いておりますが、自己満足ではなく、生徒の皆さんにとって、良い改訂になったのではないかと多少の自負を持って、現在を迎えております。

 

現在、三者面談で、具体的なAHB授業の進め方なども含め、ご説明させて頂いておりますが、保護者の皆さん、生徒の皆さんともども非常に好評を頂き、授業のわかりやすさに驚いて頂いていることは、我々にとっても大変嬉しいことです。

 

中には、『4月からの授業が楽しみと親子ともども話しています』・『わかりやすいですね』などと言って頂ける方も居られ、本当に一生懸命準備した甲斐があったと大変嬉しく、意気に感じて今後も頑張っていこうという決意を新たにいたしました。

 

その大きな改革の柱とは別に、定期テスト対策講座の改訂(→定対スペシャル)も行っております。

 

もともとの定期テスト対策講座を開講した当初の理念から最近は少しずれてきている気がしていて、「本当に定期テストの点数を上げたい、点数を取りたい」と思っている生徒の皆さんの役に立ちたいと改訂を行いました。

 

また受講資格も定め、点数を取りたいとまだ思っておらず定対に来ていれば何とかなるというような考えで受講しようとする生徒の方には、意識が変わるまで受講を見合わせてもらうという意味で、「定対スペシャル受講宣言書」も作成し、高い意識で受講してもらえるようにとの思いで改訂しています。

 

その他、定対スペシャルは科目選択を無くし(5科必須)、理社マラソン、コーチングタイム(CT)、プロジェクトマネジメント(PM)などコマ数も増やし、スペシャル講座ではテスト予想問題の問題演習を徹底するなど、秘密兵器を用い、徹底して、点数を上げるということにこだわった改訂です。

 

その他細かい事務面での改訂もございますので、改訂のご案内詳細版を是非ご一読頂けましたら幸いです。

 

ご不明点などがございましたら、面談の際にでも何なりとお尋ね頂ければ幸いです。

 

また、アドバンスも17年目を迎え、休講日の変更も行わせて頂くことになりました。

 

働き方改革の一環として、完全週休2日制を導入するため、現在の日曜日に加え、月曜日を休講日とさせて頂くことになりました。

 

月曜日は、もともとハッピーマンデーで祝日も多く、補講を年間2回に分けて実施する必要があり、補講を行う週には、生徒の通塾負担が増加してしまうなどといった問題もあったため、思い切って月曜日を祝日とさせて頂き、学校と塾がブラックであるという印象を払拭していき、有為な講師の人材確保に努め、保護者ニーズにお応えし、生徒の皆さんの学力向上にやる気と元気を持って取り組んでいきたいと思います。

 

ただ、火曜日~金曜日までの平常授業の回数は、現在と全く変わりませんし、土曜補習も今まで通りですので、あまり大きな影響を受けて頂くことはないのではと考えております。

 

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。