学習記録表につきまして

更新日時:2017年02月24日

アドバンス通信に同封をさせて頂いております前月分の「学習記録表」は、SHB(スーパーハイブリッド)指導(1対4個別指導)での授業で、Oneトレと呼ばれるプリントを実施している場合に出力がされます。

 

アドバンスのSHB指導のOneトレプリントは、問題演習(アウトプット)を中心とした授業ですが、ラーニング(解説プリント)からステップ1~3程度、チェックというのが各単元の大まかな流れで、その単元のステップが合格できなければ、リトライとなり、若干問題レベルを下げた類似問題を繰り返し解いていきます。

 

ステップ1~3の総まとめ問題がチェックとなりますので、チェックの問題は、その単元がしっかりと理解できているかどうかの試金石となります。チェックで合格できない場合は、リチェックとなり、リトライと同じように類似問題を解くことになります。

 

一つの単元で数多くの問題演習ができますので、演習をしながら、定着させていくというメソッドを使っております。

 

この学習記録表は、講師がヒントを出して解けた問題も○になっているケースがあったり、参考書を調べてから解く場合もありますので、絶対的なものではなく、あくまでも参考程度にお考え頂ければ幸いです。

 

また、学校のテキストを使用してSHB授業をしている場合は出力がありませんので、ご理解頂ければ幸いです。