検定試験につきまして

更新日時:2017年03月23日

【ご注意】

英検の検定料変更・採択テキスト変更に伴い、今月号に改訂版の英検・漢検・数学検定の申込書を同封しております。

改訂版の申込書でお申し込みを頂けますようお願いいたします。

 

アドバンスでは、英語検定・漢字検定・数学検定の準会場指定を受けており、年に2回検定試験を実施しております。

次年度は以下の通り。(予定)

英語検定

第1回 6月3日(土) 5/10〆切

第2回 10月7日(土)

漢字検定

第1回 6月16日(金)5/10〆切

第2回 10月28日(土)

数学検定

第1回 7月8日(土)6/3〆切

第2回 12月2日(土)

検定の受検申込書を同封しておりますので、受検料を添えてお申し込み下さい。積極的に受検を頑張って欲しいと思います。

1月~3月にかけても外部受検は可能ですが、準会場での受検は、各受験生の追い込みの時期となっておりますので、アドバンスでは実施しておりません。

 

検定試験受検のメリット①

・目標設定ができる。

小学生~高校生、全学年が受検することができます。特に定期テストなどの目標があまりない、小学生などは勉強の意味を持たせるために、受検いただくことも多いです。

また、学生に限らず社会人まで受検できますので、過去には保護者の方も一緒に受検されたこともあります。勉強への姿勢を、行動で示す意味にも、一緒に受検されてはいかがでしょうか。

検定試験受検のメリット②

・入試の際に得点化される。

高校入試、大学入試で、得点化されることが多くなっております。

例えば、大阪の公立高校入試では、英検2級取得で、英語の筆記テストを80点換算してもらえたり、大学入試でも同様の換算があります。

受験を有利に進めるためにも、資格取得は有効です。

また、英語検定は、昨年度より得点表記が変わりました。4技能の試験を得点化し、毎回の合格点が変わることなく、英検2級なら1980点以上が合格というわかりやすい基準となりました。

このように、得点化された背景には、読む・聞く・話す・書くの4技能を各1000点で表し、4000点満点で計測している国際基準のCEFRとの比較ができるようにし、より国際的な基準に近づけようという意図があるようです。

検定試験受検のメリット③

A-pitポイントが貯まります。笑生徒の皆さんはこちらの方が重要かもしれませんね。検定受検、資格取得、両方でポイントが加算されますので、受検するだけでもポイントをゲット!

いずれにせよ、これら検定資格は一生の資格となりますので、是非、これらの機会をとらえて、皆さんの積極的なチャレンジを楽しみにしております。