次年度改訂の概略

更新日時:2015年01月22日

現在、次年度改訂の大詰めの調整を行っており、詳細は2月上旬~中旬にかけてお送りします「次年度授業検討シート兼受講申込書」などの資料と同封をさせて頂きますが、一足早くお知らせをさせて頂きます。
① 中学受験コースの設定
今年度も中学受験生を無事第一志望校第一志望コースに送り出すことができましたが、かねてからご要望の多かった中学受験コースを新たに設定し、中学受験対策を強化することにいたしました。指導する講師も中学受験の経験豊富な社会人講師に担当してもらうなど、万全を期していきたいと考えております。
また、超難関校は大手集団塾(浜学園・希学園・日能研・アップ等)の集団授業カリキュラムで洩れてしまう所、わからないまま進んでしまった単元などを個別指導でサポートすることが多いのですが、そのような大手塾と併用のサポートにも対応させて頂きます。
ただ、一般の大手個別指導塾では1対2で非常に高額な月謝になりがちのため、週回数を増やしたくても増やせないというジレンマを多く抱えておられるといった声もよくお聞きします。
そういった問題をクリアするため、我々はSHBの中で中学受験生だけのカリキュラムを組むことによって対応し、リーズナブルな料金で実施できるよう工夫もさせて頂きました。
中学受験をお考えの小学生の方に満足頂けるようにしたいと考えておりますのでご期待下さい。
②SHB「論理エンジン講座」の新設
かねてよりトップレベル選抜の生徒には必須受講としておりました「論理エンジン」講座ですが、最近の読解力、国語力低下に伴い、学力向上の切り札として、SHB内で「論理エンジン」を受講頂けるようになります。
国語は英語や数学などその他の教科においても基礎になります。読解力がないため、英語の長文がわからない、数学の文章題が理解できないなど密接に影響しております。
一概に「本を読みなさい」、「文章を書きなさい」では読解力にはつながらないことも多く、論理的思考力を養成することがこの講座の目的としたいと思います。
③一部時間割の改訂
定期テスト対策講座の時に食事の時間が少ないため、次の授業に間に合わない、座席移動が大変という問題もあり、またチューターのOneトレPCの教科変更が5分では間に合わないなどといった問題も生じたため時間割を一部変更する方向で進めています。
現在の所、小学生の部を5~10分程度早めてスタートし、中学生はそのまま、高校生は5~10分程度遅らせ、最終授業終了時刻(21:55)は変更しないということで検討しております。
④高1・高2のマーク模試採用
高1・高2生の全国模試は8月・1月と記述式模試を採用しておりましたが、センター試験を始め、マーク式模試が大半のため、3回目(1月)の模試はマーク模試採用する方向です。
①~④のすべて詳細は2月上旬の資料をご参照下さい。