第4代ヘッド「田中さん」より御祝い寄稿

更新日時:2012年02月06日

この度は、総合進学塾アドバンスが10周年を迎えられましたことを心よりお祝い申し上げます。また、このような節目に一筆を書かせていただけることを光栄に感じております。
 私は、2年前まで講師兼内勤スタッフとしてアドバンスに在籍しておりました田中と申します。その中で、私がアドバンスで感じたことを少し振り返らせていただきたいと思います。
 私が初めてアドバンスを訪れたのは、高校2年生の夏頃で、理由もなく坊主頭にしていた時期でした。我ながらなんだったのでしょう(笑)
 当時は、道路に面している側のガラス扉の傍にテーブルがあり、そのテーブルで阪本塾長、安田副塾長に初めてお会いしました。そして、お二人がとても温かいお人柄であることが私の入塾を決定付けました。
 入塾してからはアドバンスの教育に対する熱い姿勢に刺激を受けることになります。アドバンスに在籍されておられる講師のみなさんが、塾長、副塾長と同じ気持ちを持っておられました。生徒一人ひとりに全力でぶつかる姿勢は、“生徒”というより、まるで“我が子”と接するような熱い姿勢。アドバンスでは私の身の回りで起きた小さな話から恋の話まで、本当に色々な話しを聞いていただきました。私にとって、アドバンスはもう一つの帰る場所(=家?)。高校3年生になってからは、学校が終われば、アドバンスに帰るという日々が続きました。通塾が全く苦にならず、勉強に励むことができたのは、塾長、副塾長をはじめとする講師の皆さんの愛情の深さにあったと思います。
 そして、大学生になり、私もアドバンスでお力添えさせていただけることになりました。大学生になりたての私を一人の社会人として扱っていただき、育ててくれました。話し方や振る舞い方、現状に満足しない精神など、1から10まで本当に多くのことを学びました。学んだ中に“責任”という言葉がありますが、この意味を社会人になる前に理解できたことはとても幸運なことで、それを教えてくれたのもアドバンスでした。
 私がアドバンスを卒業して早2年が経ちます。アドバンスには生徒として2年、講師として4年の計6年間在籍させていただきましたが、本当に数え切れない程のドラマがあり、感動がありました。私がアドバンスで教わったこと、それは勉強や仕事だけではなく“生き方”。現在私は社会人として人生の第2章を送っています。しかし、すべての原点はアドバンスにあります。いつまでも温かくアットホームなアドバンスがそこにあると安心な気持ちになります。
 すいぶんと脈絡のない話しとなってしまいましたが、アドバンスはこれからも進化し続け、愛情あふれる素敵な塾であり続けることでしょう。
 終わりに、総合進学塾アドバンスの益々のご発展を心より祈念いたしましてお祝いの言葉といたします。

10周年本当におめでとうございます!!