行事の多い2学期~地に足をしっかりつけて

更新日時:2012年10月26日

2学期(後期)は、学校行事が多い時期でもあります。それぞれの行事に一生懸命取り組んでいくことは、友人関係の構築、人格形成などとても大切なことではありますが、その行事にかまけて、肝心の学習が疎かになってしまっては、本末転倒です。
 大学入試においては、11月より公募推薦入試がどんどん始まっていきます。指定校推薦の生徒なども合格が決まっていき、焦る気持ちと不安な気持ちが交錯する時期ではありますが、とにもかくにも、自分自身のすべきことをしっかりとしていくことが一番肝要なことです。周囲に惑わされることなく、今できることを着実にしてほしいと思います。
 高校入試においては、内申点が決まるテストが残り少なくなってきています。残すは11月の実力テスト、期末テストとなります。
 内申点だけが高校入試ではありませんので、もちろん実力養成はもっと加速させていかなくてはなりませんが、内申点が上がる可能性があるのであれば、最大限の力を注いで、1点、2点・・・・のかさ上げをはかって欲しいと思います。
 今年の中3生には、まだその内申点の重要性が実感できていないかもしれませんが、3→4になったり、4→3になるこの「1」の差が後々大きく悔やむことになりかねませんので、くれぐれも将来後悔することのないよう、取れるものは取るという高い意識を持って欲しいと思います。
 非受験学年においても、今年は中学校の教科書全面改訂、高1生の理数先行改訂など、本当に生徒たちも苦労しています。我々私塾の現場におきましても、その内容と量については、日夜苦労の連続でもあります。
 行事の多い日々の中ではありますが、「自分の将来の可能性」を自ら捨てることなく、コンスタントに取り組んでいけるよう、できる限りのサポートをしていきたいと考えております。
 自宅学習の習慣がまだついていないという方は、是非自習に来て、塾を最大限活用して頂ければと思います。