高2生 現役合格への道筋ガイダンスのご報告

更新日時:2013年11月26日

去る11月16日(土)に高2生で大学志望者に向けて、高2の冬から本気モードになって、現役で志望する大学に合格するためにというガイダンスを実施しました。
 高2生はちょうど修学旅行シーズン真っ只中だったので、日程を決めるのも難しかったのですが、この日を逃すと定期考査などもあり、年明けになってしまうので、急遽この日に行うことにいたしました。
 ただ、当日は、高3・中3生の土曜補習と中学生の定期テスト対策講座の真っ只中で、座席を確保するにも一苦労の日ではありましたが、意識を高めようと高2生が集まってくれました。
 前日まで修学旅行だった市内のある高校や一足早く本気モードに突入している生徒やまだ本腰ではないけれども、そろそろ本腰を入れるきっかけ作りをしたいと思っている生徒など様々ではありましたが、なぜこの時期にという意味も含めて色々と話をさせて頂きました。
 塾長から全体的な大学入試への道筋の立て方、学習計画の方法、自分が思っているほど長い時間は残されていないこと、自分の今の位置と志望する大学との距離によって、どれだけ早くスタートするか、どれだけの量をこなさなければならないかなどを話をいたしました。
 その後、弊社の講師である中内講師より、「大学入試の先輩」という観点から、どのように大学入試に臨んでいけばよいかなどの話をしてもらい、運動部で努力しながらも現役で国公立大学に合格できるためには、どういった考え方で行動していたのかという話をしてもらいました。
 その後は、各科目別に塾長、副塾長が手分けして、どういったことをいつまでにどうやってやれば現役合格できるのかという話を科目別で話をいたしました。
 大学入試に限らず、動く時には色々と情報収集が大切です。
 情報を収集した上で、自分自身で決断し、決めた目標に向けて取り組んでいくことによって、成長し、そして結果が出ます。
 そういった第一歩になることができることを願いながら、今回のガイダンスを実施しました。
 参加してくれた人は、まずは完璧でなくとも構わないので、学習計画を立て、一歩前に出てください。前に出ることによって、色々な課題が見えてくると思います。