高3生対象 進路面談につきまして

更新日時:2014年09月09日

高3生本人には、9月の始めに受験校案を配布し、その案をもとに、自分のそれぞれの科目の仕上がり状況、今後の伸び、何より大切な行きたいという気持ちなや経済的な面、日程的な面、メンタル的な面などを総合的に勘案して、受験校を絞っていくようにとの指示をしております。
 大学入試は何より本人の気持ちが一番全面に出る入試であり、本人が本質的に今やるべきことを捉まえて日々の学習を追い込んでいくことが何より大切です。これからの時期はもちろん学習面でのサポートはもちろんのこと、メンタル面でのサポートが大切になってくる時期でもあります。
 そこで、高3生の進路面談週間を行い、具体的な受験パターンを相談する週間を行います。
 公募推薦入試を受験する場合は、出願直前となりますので、より具体的な受験パターンを検討する必要があります。
 また大学入試は出願も含め、すべて生徒本人がする必要もあるため、そういった意識をしっかりと持たせる必要もあります。
 保護者の方にはご足労をおかけいたしますが、保護者の方と生徒とのコンセンサスなども重要ですので、お時間を取って頂けますようよろしくお願いいたします。