3学期に突入。現学年の総仕上げです

更新日時:2018年01月30日

ウイプロでは保護者の皆さまには多大なご協力を賜り、改めて厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

ミッショントライアルでは抽選会も大盛り上がりし、(かなり早い段階で)見事1等を当てた生徒も。反転学習をテーマにおき、授業とリンクさせて行ったBC冬の陣では、ウイプロから通い始めた上甲子園校の生徒が見事優勝するなど、新しいイベントが大いに盛り上がりました。

 

さて、三学期も始まり、1月13・14日のセンター試験を皮切りに、受験ラッシュが始まって参りました。毎年この時期から、自習に来る受験生が続々と増え始め、教室内も少しずつ受験ムードとなり、良い意味で緊張感が高まってきております。小学生にとってはまだ先と思えるかもしれませんが、中1生・中2生は、刻一刻と自分の番が近付いております。受験を意識してみることは大切ですが、不安になったり、落ち込んでしまう必要はありません。ちょっと苦手なところを復習してみたり、テストに向けていつもより早くから始めてみたりと、少しずつ意識を変えていくことが、受験期に大きな武器になっていきます。

 

アドバンスでは、この時期から、中学2年生・高校2年生向けに、「プレ土補」という講座を開講しております。土補とは、中3生・高3生の4月から始まる土曜補習のことで、名前には補習とついておりますが、平常授業よりも長い勉強時間で、受験の内容に特化した授業を行う特訓講座です。プレ土補も、プレという名を冠してはいますが、単なる準備期間ではなく、1学期の土曜補習と同じコマ数の授業で、受験勉強に向けての総復習を行います。中2生・高2生には、この3学期が「受験生のゼロ学期」であることを折に触れ伝えており、またプレ土補にも、そういった意識を付けさせる意味合いもございます。本番の土補のつもりでいよいよ受験生になるんだという心構えで臨んで欲しいと考えております。

 

さて、受験の先には、新しい学年・環境も近づいてきています。学年末テストも近く、受験生以外も気を引き締めて勉強に取り組む時期ですが、4月以降の新しい生活はきっと今までより楽しいものになります。新年度の良い想像を膨らませて、今年度最後のスパートをかけていきましょう。