4技能対応 英語LEX・英語LEXジュニア

更新日時:2018年02月24日

現在、三者面談で色々とお話を保護者の方と生徒の皆さんと行っております。

 

来年、アドバンスは2020年の教育改革に先駆け、大きな講座の改編を行うのですが、そのうちの一つである、英語の4技能に完全対応した講座「英語LEX」「英語LEXジュニア」が非常に好評を頂き、我々も嬉しい悲鳴を上げております。

 

まず英語LEXは、小4~高3(既卒)までを対象とした『塾内留学』の英会話の講座です。ただ英会話と言っても、日常生活の会話を行うのではなく、英検対応の英会話を行い、これから必須となる「英検」取得に向け、また、グローバル社会の中で、外国人と仕事でコミュニケーションを取る上での英語が話せる人材を育むために、4技能(読む・書く・聞く・話す)を徹底的にマスターする講座です。

 

今回は、開講記念価格での料金設計と、平常授業とのセット割引も含め、非常にお得な料金体系となっております。せっかくのこの機会に是非、ネイティブの外国人と1対1できちんと話をしていく習慣をつけていければと思っております。

 

詳しくはお問合せ下さい。詳細をご説明させて頂きます。

 

続いて「英語LEXジュニア」ですが、こちらは新小5、新小6生対象の小学英語の教科化に備えての対応講座となっております。

 

ご存知の通り、2020年には小学5年、6年生には週2コマ程度の英語が教科化されます。今までのように総合的な学習の時間に英語を担任の先生が教えるといった形ではなく、英語の先生が教科として指導をするという形の改訂となります。

 

しかも、2020年を待たずして、この4月より、各小学校の裁量により、この小学英語の「先行実施」が行われます。裁量というのは、先行実施を行う小学校と、移行措置(今まで通りの総合的な学習の時間でおこなう)でお茶を濁す学校と二分されるわけです。

 

ここが大きなポイントで、先行実施をする小学校の生徒たちと、しない小学校の生徒たちが、2020年になった途端、小学英語を習ってきているものとして、中学英語が開始され、しかもその教科書は先行実施をしている前提での教科書になるということです。

 

これは、先行実施をしている小学校に在籍されている方はまだしも、運悪く先行実施しない学校に在籍されている場合は、自分自身でその先行実施をしておかなければならないということです。

 

しかも、小学英語は、ただ単純に中学英語が小学校におりてきたという単純なものではなく、4技能+1領域(読む・書く・聞く・話す+発表する)までが求められ、特に「聞く・話す・発表する」に力を入れた英語になります。

 

検定教科書「We Can!」では、小学英語でおよそ700語の英単語を知っているという形になっています。中学1年~3年間で1200語の英単語と考えれば、小学英語の700語の大変さがよくわかると思います。

 

そういった大きな改訂にも関わらず、あまり周知徹底がされていないこともあり、われわれアドバンスでは、先行実施をする小学校の生徒たちでも小学英語にきちんとついていけるように、先行実施をしない小学校の生徒たちには小学英語をしっかりと身につけられるようにと、この英語LEXジュニアを開講する運びになったわけです。

 

新小5生、新小6生のお子様をお持ちの保護者の皆様の不安を安心に変えて頂けるよう、アドバンスでは、完全小学英語に対応した英語LEXジュニアを開講いたしますので、是非ご心配な保護者の皆様はお問合せいただけれればと思います。

 

なお、小学英語の英語LEXジュニアは、検定教科書We Can!に完全対応したテキスト(2018年発刊)を使用し、電子黒板を用い、図や表、ネイティブの音声など最先端のICTを用いたクラス授業です。(浜学園英語科講師出身の塾長も授業を担当いたします)

 

阪神西宮本校、上甲子園校とも各学年各時限16名限定で開講いたしますので、ご興味のある方はお早めにお問合せをお待ちしております。

 

4技能を習得して、英語マスターへ上り詰めましょう!