4技能+1領域対応 英語LEXジュニアについて

更新日時:2018年05月25日

「英語LEXジュニア」は、4技能+1領域対応の小学英語のことになります。右でご紹介する「英語LEX」とは名前が似ておりますが、講座自体は異なります。

 

英語LEXジュニアは、小5、小6生を対象としたクラス授業として開講し、電子黒板を活用し、ホワイトボードをポンとペンで叩けば、ネイティブの先生の英語が流れてくるという便利なツールです。

 

さらに英語LEXジュニアは、「読む・書く・聞く・話す」の4技能だけでなく、+発表するという1領域まで対応している授業です。

 

4技能+1領域対応というのがこれからの英語の主流になってきます。

 

もちろん英語は語学ですから、聞けて話せて当然、さらに英語を学ぶのではなく、英語を使って学ぶというツール(道具)として活用するという大きな転換をしていきたいと考えております。

 

アドバンスは創立以来英語教育に熱意をもって取り組んで参りました。今後もさらに理想を求めながら、取り組みを強化していきたいと考えております。小学生の皆さん、頑張っていきましょう!

 

2020年4月に小5生になる現在の小3生以降の人は、「英語4技能+1領域」が必須となり、小学校で英語が教科化されます。

 

既にこの2018年4月から先行実施されている小学校も多いですが、移行措置でまだ実施していない小学校(春風小学校)などもあります。

 

小学英語は非常に難しいので、事前に手を打っておかないと、英語が嫌い、わからないという問題が必ず生じるような嫌な予感がしています。