読む・書く・聞く・話すの4技能を高める英語教育

小4~高3対象 英語LEX

英語LEXの授業は、2020年の大学入試改革にもみられるように、聞く・話す・読む・書くの4技能をしっかりと定期的に進めていく講座です。

 

大学入試での英語の外部試験活用は、あくまでもガイドラインであり、大学によってその採用方法は異なります。東京大学の民間検定試験が2020年度入試で見送りというのを耳にされて、実はあまり必要ではないのではと思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、実は・・・

 

CEFRのA2以上が出願資格として必要と発表されている大学もあり、また続々と各大学の判断で入試の得点に加算すると発表されている大学も増えています。

 

また2020年度から2023年度までは「大学入学共通テスト」の英語(筆記+リスニング)に加え、「大学入試英語成績提供システム」の参加要件を満たした民間英語検定試験(7団体)を受験する必要があります。2024年度以降は民間英語検定試験に英語の試験が一本化される予定でもあり、4技能の強化は待ったなしの状況です。

 

英検(従来型)は、現在でもかなりの私立大学が入試加点、条件などになっており、2020年度以降も大学入試英語成績提供システムを使わない大学入試においては、英検(従来型)が求められますし、大学入試英語成績提供システムの英検CBT、英検2020 1day S-CBTなど、これからの英語は「読む・書く」だけではなく「聞く・話す」も含めた4技能が確実に求められております。

 

ただ、これも、検定試験ありきで、テクニック論に走るのではなく、普段からしっかりと英語の総合力をつけていく取り組みの一環として、4技能強化をしていく必要があると考えています。

 

アドバンスでは、英語LEXという授業を2018年度から開講し、英検取得者が倍増したり、英語を英語のまま理解できる生徒、ネイティブ並みのリエゾンまでした英語を普通に話せるなど着実に成果を上げており、2019年度からは中学生の教科書準拠版のLEXを開講し、更にバージョンアップを図ります。

 

【時間と使用テキスト】

すべて、月4回のうち、2回が聞く・話す、2回が読む・書くとなります。

 

小学生:50分(ただし、ネイティブとの聞く・話す時間は1回25分)

使用テキスト:英検対応テキストor日常会話テキスト

 

中学生:25分

使用テキスト:英検対応テキストor NEW!教科書準拠(ニュークラウン)テキスト

 

高校生:25分

使用テキスト:英検対応テキスト

 

また、英検の各級に対応したテキストを使用することで、英検の1次やリスニング対策はもちろん、2次の英語面接の対策が初めからできることになります。

 

【英検目標級】

小6で4級、中3で英検準2級、高2で2級の取得

 

さらには、大学入試改革で求められている「多様性=さまざまな文化の人との交流」にも、大いに役立つことと考えています。

 

 

新しい教科書に対応した「英語LEXジュニア」

新教科書 We can!に完全対応!

新しく始まる小学校での英語授業では、「話す・聞く」ことに重点が置かれています。

小5では、現在の中1内容の文法事項が、小6では、現在の中2の文法事項が出てきます。

文法の解説という授業ではなく、それを用いた会話表現を多く取り入れたものとなります。

「英語LEX ジュニア」でも同様に、ネイティブの発音を取りいれ、また会話をメインにして、生徒同士で話したり、講師と話す場面を多くとっています。

また、小学校では重視されないものの、中学に入れば必要となってくる「書く」ことにも慣れてもらえる授業としております。

 

英語LEX・英語LEXジュニア

特徴① 単科受講可能!

英語LEXと英語LEXジュニアはオプション講座ですが、単科受講を可能としています。

 

特徴② 特別入会金制度!

単科受講の場合、本科入会金18,000円(税抜)のところ、5,000円(税抜)に!

※平常本科授業を受講される場合、残りの差額をお支払い頂きます。

 

特徴③ 併用料金制度!

英語LEX、英語LEXジュニアは、単独受講料金6,000円(税抜)ですが、アクティブハイブリッド(AHB)の本科授業と併用されると併用料金として、4,500円(税抜)となります。

 

特徴④ オプションセット割引!

英語LEX、英語LEXジュニア、パズル道場、定対スペシャル、土曜補習などのオプションとセット受講されると、

オプション2つの受講で Δ1,000円割引

オプション3つの受講で Δ1,500円割引

 

こんな特典いっぱいの英語LEX、英語LEXジュニア!ぜひ、この機会に受講ください。