中3 Mさん 後輩へ向けてのメッセージ

更新日時:2014年03月05日

今まで、どの塾も長続きしなくて、すぐ辞めてきました。
極度に面倒くさがりで、やる気も全くありませんでした。中学1年生の時は、そこそこの点数もとれていましたが、
2年に進級すると点数も落ちていき、親にも半ばあきらめられていました。
その時は、塾にも行ってなかったし、テスト期間中も全くと言っていい程、勉強もしていなかったので、
当たり前のように低い点数を取り続け、1年が経ちました。
3年になり、すぐに受験の時期に入りました。
さすがに親がうるさく言うので、友達がいる塾に入りました。それがアドバンスです。
初めは「ここも先生たち、いい加減なんやろな~。」と内心思っていました。
でも、授業の内容、言葉遣い、何より白衣を着ていることに一番驚きました。笑
今まで、塾が楽しかったことなんてなかったのに、すごく楽しくて、
「授業している中でも、先生と笑い合ったりできるのってすごくいいな・・・。」と本当に思いました。
1人1人の個性を生かし、それに合った勉強法で進めてくれて、すごくやりやすかったです。
アドバンスの先生達は、時には「お父さん」的な存在でした。
受験生のみなさん。めげずに頑張ってください。
「辛いのは、幸せになる途中だよ」

すごくハードな部活に入りながらも、本当に良く頑張ったと思います。 こんな風に思ってくれていて、嬉しく思います。授業中や、間の休憩時間も色んな話をして、笑っていたことを覚えています。まだまだ、勉強ができるようになると思うので、高校に入ってからも、また一緒に頑張っていきましょう。