安全対策

#

弊社は、警備会社に警備の委託をしており、不在の際は不審者の侵入があれば直ちに警報が鳴り響き、同時に警備会社と警察に連絡が届き、警備員が駆けつけるようになっておりますので、個人情報の漏洩の心配もありません。

また、生徒が来ているような営業時間内に不審者が侵入してきて、その場で電話等できないような緊急事態でも、非常用ボタンがありますので、それを押すことで警備会社と警察にも連絡が届き、すぐに駆けつけてもらえるようになっております。

セキュリティ面でも安心して通塾していただけるよう整えております。

導入済みの安全対策と今後、導入・対応する予定の対策をご紹介いたします。

導入済みの安全対策

  • 入退室メールシステム 生徒の入室、退室時に保護者にメールを自動送信
  • 通報システム 警備会社と警察へワンボタンで通報できるシステム
  • 講師採用時の二段階面接及び適性チェック
  • 随時、態度や様子が気になる生徒との個別面談の実施
  • ホットラインアドレスによる悩みや相談
  • 保護者参観授業の実施

    保護者の方に授業を参観頂ける期間の実施

  • 講師アンケート・生徒アンケート・保護者アンケートを3方向から実施

    「防犯に対する意識調査」アンケートの結果へ

    生徒と講師との間の信頼関係が崩壊されていないかを定期的に確認

    その結果をアドバンス通信及びWEB上にも開示する。

  • 夜19時以降、正面ドア・通用口の鍵をロックします。来訪者はインターホンにて確認後、開錠することを徹底します
  • 中学生の自習に関しては、絶対退室時刻を21時55分とします。21時55分を越えて残る場合は、保護者の了解と塾長承認が必要な形で厳密に運用します。

    ※高校生の自習に関しても中学生に準じるものとしますが、女子生徒に関しては、保護者の送迎などがある場合に限り、塾長承認にて絶対退室時刻を過ぎることを認めます。それ以外は認めません。

  • 保護者定期面談の実施
  • 定例的な授業チェッカーの実施 各クラスの授業中に塾長・副塾長による入室チェック
  • 講師採用時における「人格、性格、適性」を更に重視した採用の厳密化

    必須で採用時に徴求するもの

    1.学生証 (卒業証明書)

    2.「賞罰・休停学確認書」

  • 既採用講師についても上記に準じ、適宜書類を徴求し、面談を定期的に実施する。異常が認められれば講師の任を解く。
  • 毎日の講師とのミーティングにより情報共有、問題の早期顕在化を図る。

今後、できる限り速やかに導入・対応するもの

  • 教室内の授業監視システム (音声・画像など)
  • 防犯ブザーの配布
  • 消防署との連携による防災訓練の実施
  • 警察とも連携し、「警察官立ち入り所」ステッカーの掲示

2005年3月1日より導入! 入退室メールシステム A-pit

入退室メールシステム A-pit

#
  • システムの概要
  • 1 生徒にICカード塾生証を渡します。
  • 2 弊社に備え付けのICカードリーダーに入室時、退室時にかざします。
  • 3 カードをかざすとすぐに保護者様の携帯に入退室メールが届き、何時何分に入室したのかがわかります。退室時も同様です。

※保護者様のメールアドレスを事前にご登録頂くことが必要です。
このシステムによりアドバンスに到着、アドバンスから帰宅する際に、ICカード塾生証をICカードリーダーにかざすことで、保護者の方がご指定になられたメールアドレスに自動発信され、いつ来て、いつ帰ったのかがわかる入退室メール、その名もA-pitと呼んでおります。

何かと物騒な昨今、これで安心してお子様に通塾して頂けると思います。
また、さらにこのA-pitにはポイントシステムが付随しておりますので、出席したら1ポイント、友人紹介で100ポイントという風にポイントを貯めていくことができます。また、そのポイントは、400ポイント毎に定められている図書カードから旅行まで素敵な商品と交換することができますので、是非アドバンスで頑張って素敵な商品を手に入れてください!