アドバンスの講師紹介

  • #

    阪本 塾長

  • 自己紹介

    約10年の損保会社でのサラリーマン生活から塾長への転身でしたので、しばらくは頭や行動の切換えが難しかったのですが、現在では、完全に塾長思考パターンになってきました。
    アドバンスを興し数多くの優秀な講師にも恵まれ、数多くの素晴らしい生徒とも出会い、自分自身が一番勉強になった15年間であると感じています。
    更にアドバンスで生徒だった方が講師になり、塾生出身の講師にもたくさん恵まれ、また社会人へと巣立っていったりなど月日の早さに驚くとともに、教え子が講師をしてくれるという喜びを感じさせてくれております。

    また最近では「瞬間湯沸かし器」からは少し脱却でき、余裕を持って 何事も考え、行動できるようになったかなと少しは自負しています。
    そのせいか、「丸くなりましたね」と言われることも多くなりました。体型もですが、主に行動がということにさせてください・・・(笑)
    好きなことは、お酒を飲むこと(あっ、これは塾長としてはちょっといけませんか?!笑)や旅行、みんなでわいわいすることですね。
    電器屋さんが好きで、近隣の○○○電機や△△△オンなどには、丸1日居ても飽きません(笑)家電製品やオーディオ、ビジュアル、もう宝の山のような場所です。

担当業務:

(主として)英語  小6のプレ英語から高3の大学入試英語まで担当しています。SHBでは中学数学なども担当しております。

指導時の心構えや考え

(1) 勉強はやれば必ずできるようになる  
どこまでできるかは別として、今の自分よりは必ずできるようになります。 こつこつとした努力をすればの話です。要領も短期集中も大切なことですが、 基本は「毎日毎日の継続」だと思っています。これが一番難しいんですけどね。 「今の自分よりもできるようになりたい」と心底思ってくれている子がいれば、 とことん徹底的につきあいます。私のとことんは本当に「とことん」です。 知りたい方は、今の塾生や昔の教え子たちにお聞き下さい(笑)  
やれば必ず結果が返ってきます。その喜びをご縁があった生徒には伝え続けて いきたいと思っています。

(2) 嘘をつくな  
様々なお子さんと接していくうちに、「嘘をつくのが平気」になってしまって いる子が居ることに気づきました。「あかんなぁ」とか「嘘は嫌やぁ」と思いながらつく嘘ならともかく、その場をしのぐための嘘はあかん!ということを折に触れて伝え続けています。「本音から人間同士の関係は始まる」と信じています。

(3) 人を思いあう気持ちをもとう  
この言葉は、とある 旅の途中で、とある方からお聞きした感動的な話の中に、出てきた言葉です。
「思いやる」という言葉は、「~してやる」という上からの視線が言葉にも 出ていて、人が人を「してやる」という表現は使うべきではないと。人と人が 「思いあう」ことが大切なんだと。  
所詮、人間は、一人では生きられません。相手のことを思いあう気持ちを大切に していかなければならないと自戒の意味を込めて伝え続けていきたいと思います。
おかげさまで今までアドバンスを続けることができ、色々な生徒を送り出してきました。 自分が少しでも関わった教え子がその後どうしているかどうかはいつも気になるところです。
しかし、もう既に私が彼ら、彼女らにしてあげられることはただ一つしかありません。
それは、「何か困った時に話を聞いてくれる人が少なくとも一人居る」 ということです。 そのために、アドバンスをこれからも何年も何十年もこの地で続けていかなければという責任感を最近特に感じます。今後とも宜しくお願い致します。

講師一覧に戻る