アドバンスの根幹をなす考え方が「1人ひとりの可能性を最大限伸ばす」ということです。

 

たとえ今、成績が芳しくなかったとしても、それが全てではないと思うのです。
なにがわからないのか、どこができていないのかを突き止め、そこから始めることで、全ては始まると考えています。
最大限に伸ばすためには、まずはその地点に戻る指導が必要であると思います。

また、逆に現在良くできているからといって、それがこれからもずっと続く保証はなく、さらに、その現状がゴールでもありません。
さらに上を見て、どんどん力をつけていくことは、必ずできることであると思います。

そんな一見、両極端にも思えるこの2つの事柄を成し遂げる考え方が、「1人ひとりの可能性を最大限伸ばす」という考え方なのです。

そのためには・・・

お預かりする1人1人のお子様は、習熟度も違えば、意欲も違います。
また、保護者の方のニーズも当然異なって参ります。
そんなニーズの違いによる、アドバンスでの指導とのギャップを最小限に留めるために、メインの指導体制に加え、オプション講座を開講して、お子様の学習をサポートしております。

メインの指導体制であるアクティブハイブリッドは、将来の難関校を目指した飛び級制度の「トップレベル選抜」

そして、学校の少し先取りを行い、学校の授業がわかる「標準本科」の2つのコース制。

オプション講座には、2週間前からのテスト対策「定対スペシャル」模試を活用した実力養成「土曜補習

4技能対応英会話「英語LEX」小学英語に完全対応「英語LEXジュニア」など、さまざまな講座を用意しております。

 

そして、「教えられる勉強」から「自ら学ぶ勉強」へと変換することで、大学入試改革に代表される、これからの学びの変革に対応しうる力を付けていきます。

これらを軸とした指導を、お子様やご家庭のニーズに合わせてご提案いたします。

さらに・・・

アドバンスでは、現在の勉強ができている、できていないに関わらず、生徒の現状から進歩が見られた場合には、必ず褒めていくという「褒めて伸ばす」という教育方針を持っています。

できる生徒はもちろん、あまりできていない生徒にとっても、「褒められる」という経験は、表情には表れないことがあったとしても、必ずモチベーションアップには繋がるきっかけになると思います。

また、逆に「できるはずなのに、手を抜いて失敗した。」「同じミスを考えもせず、続けた。」そんな場合には、愛情を持って叱ることもあります。
それは、「できるはずのこと」であるからです。
できないことができなくて、叱ることは理不尽でしかありませんが、できることを手を抜いて失敗したり、また、意識をしていないことは、大きなミスにも繋がりかねませんので、しっかりと注意し、なくす努力をしてもらえるように指導しております。

そして・・・

それぞれのお子様が最大の努力を続けた結果、志望する中学・高校・大学への進学や、目標点数達成などを果たしてもらえることが、その達成できたこと以上に大切なことであると考えています。

最大限できる限りの努力の結果、入った志望校であったり、目標達成である方が、より本人の達成感や、本人の今後の糧に繋がると思うからです。
合格させるだけ、成績を上げるだけではなく、生徒1人1人の将来においても有益である指導を行っていきたいと考えております。

目標・・・

総合進学塾アドバンスの目標は、生徒たち1人ひとりが「学びの達人」となることです。

「学ぶこと=教えられること」ではありません。教えられた知識を、どう使うのか考え、実践していくことが重要であると考えています。

主体性をもった学習をすることで、学びの達人への一歩を踏み出すことができると考えています。
また、勉強時間だけで言えば、他の塾にひけはとらないくらいの時間数を持っていると思います。
しかし、時間だけで、それが達成できるとは考えていません。
私たちがいくら旗を振っても、それをしてくれる生徒が、そして、その生徒を支える保護者の方々にご理解いただけないのであれば、一向に目指す方向には進めないと思います。
そのため、ご理解いただく努力を続けると共に、生徒1人1人が「頑張れる環境作り」を常に怠ることなく、また、私たちそれぞれが一生懸命生徒達とともに頑張っていきたいと考えています。

新しくアドバンスに入塾される皆さん、アドバンスは礼儀面や勉強への姿勢に対しても、厳しく指導することがあるかもしれませんが、全ては自分のためになるんだという気持ちで、素直に受け取って頂き、より自分磨きができる場として、アドバンスで学んでもらいたいと思います。

一緒に頑張っていきましょう。

総合進学塾アドバンス 講師一同