Advance story ウイプロ会議①

更新日時:2019年10月03日

10月になり、アドバンスでは定期テスト対策に明け暮れる日々です。
 
そんな合間を縫って、ウインタープログラムの準備にも余念がありません。
 
今回、Advance storyと銘打って「ウインタープログラムが出来上がるまで」のお話を、週1回の連載企画として始めたいと思います。
 
 
 
ウイプロ第1回の会議は、サマプロ作成と同じ5月頃から始めています。ちなみにサマプロ自体は1月頃から検討が始まっています。
 
サマプロと同時に行う理由は、サマプロとウイプロの内容を連動させ、統一感を持たせるためです。
 
  
また、アドバンスでは、休みごとに、サマープログラム、ウインタープログラム、春期講習の講習を開催しますが、授業だけではなく、イベントも開催したり、みんなで遊ぶ時間を設けたりして、勉強だけじゃない時間を作ることに意識を置いています。
 
どうして、イベントを入れるのか。
 
 
1つは、単純に塾に来る楽しみが増えること。
 
 
残念ながら、塾は、大半の生徒はできれば行きたくない所ではないでしょうか。
遊びの方が圧倒的に楽しいですから。そんな塾に遊びのイベントや、ちょっとリラックスして楽しめるものがあると、行く楽しみが増えると嬉しいなと考えています。
 
 
もう1つは、講師と生徒との連帯感を強めること。
 
 
学校と違い、塾は多くても週4回。大半が週2回の通塾です。そうなると、生徒との距離がなかなか縮まりにくいという時もあります。
 
 
アドバンスは元来「アットホームな塾」と生徒から言われてきており、講師陣も話しかけやすい講師ばかりなのですが、やはり、時にはそんな場合もあります。
 
 
また、受験期は長時間の学習に耐える必要もあります。そんな中をしっかりと結束して頑張っていけるような連帯感や、信頼関係を構築していきたいと考えています。
 
 
そういう考えの下、今年のサマプロでは、金曜日をイベントの日「プレミアムフライデー」として、
 
■アイスクリーム作りにチャレンジ。
 
■わくわくラボ スライム作りとその変化。
 
■ボウリング&ビュッフェ。
 
■大学入試ガイダンス。
 
■共通テストにチャレンジ!公立入試問題にチャレンジ!とさまざまなイベントを開催しました。
 
今年のウインタープログラムでも、休みが短い分、夏休みほど自由な時間はないものの、何かできないかと考えているところです。
 
そんなウイプロ会議も10月に入り、佳境を迎えております。
次号以降、イベントも含めた、ウイプロの中身、テーマなどについてもお話しできればと思います。