「自ら学べる塾」「一生懸命頑張る機会をくれる塾」「生徒を第一に考えてくれる塾」

 

生徒アンケートで、生徒たちが答えてくれた言葉です。

 

この言葉に応えられるように、自ら学ぶ力を伸ばせるように、映像授業を用いた「アクティブハイブリッド」を軸に、4技能を育てる「英語LEX」や「英語LEXジュニア」、能力開発「パズル道場」、定期テスト対策の決定版「定対スペシャル」、受験生をバックアップ「土曜補習」など、さまざまな講座を開講し、生徒たちの力を伸ばしていきたいと考えています。

アクティブハイブリッド(AHB)

主体的に授業を進めるため、授業開始前に「授業計画表」をしっかりと記入することからスタート。

インプット(知識の吸収)アウトプット(問題演習)をバランスをよく配置することにより、理解と定着を図ります。

インプットには映像授業(15分~20分程度)を活用しますが、15分間ずっと授業ではなく、その間にも演習時間(2~3分ごとが数回)が組み込まれおり、自分で手を動かすことによって、ただ、聞いているだけという状況にはなりません。

さらに視聴後にも、まずは講師から口頭で「視聴チェック」が入ります。ポイントをしっかりと講師と一緒に確認することによって、理解を深めます。英語では、視聴前に単語音読タイム、視聴後には例文暗記タイムなども毎回行うため、理解と定着を早める効果があります。

また、高校英語の長文読解視聴チェックでは、セクションごとに、英文のVoice Readingを全員に課すなど、英語教育には力を注いでおります。

その後、「確認テスト」を実施。確認テストは講師が採点することにより、理解が不十分なのか、単純ミスなのかなどは判定し、やり直し、ヒント出し、指導などを行います。
さらにその後には「テキスト演習」も実施し、さらにアウトプットを行います。また、その後の「チェックテスト」(小学生はチェックテスト2)は、自宅でその日の復習ができるように宿題となります。
この一連の学びスタイルにより、インプット、アウトプットをしっかりと行い、実力養成に取り組んでおります。
教科指導はプロ講師(映像)がしっかりと丁寧行い、そして、わからない問題、細かなサポートなど本当に人の手をかけないといけない指導面に、実際の目の前の講師(メンター)がしっかりと時間を手間をかけていくのが、アドバンスのアクティブハイブリッド指導となります。
クラス授業の持つ「競い合う心」個別指導が持つ「1人1人に綿密な指導」どちらも併せ持つ指導を実現したのが、この、自律型個別アクティブハイブリッドです。

同時にクラス授業でありがちな「わかったつもり」や個別指導でありがちな「マイペースになりすぎる」というデメリットも解消するために、自主性を重視した指導を日夜育んでいます。

ベリタス

#

近くに予備校や塾がない方、社会人の方で再度勉強をし直そうという方のために、「映像教材ベリタス・アカデミー」を1教科単位で受講頂けます。1教科8,000円という驚異的なコスパで学びをサポートします。

一人で学びを継続する自信がない方のために、任意で希望者のみとなりますが、学習管理アプリを使用し、進捗管理サポートを行うことも可能です。簡単な質問にもお答えできますので、自分一人で自信がない方は、進捗管理サポートもお申込み下さい。

オプション講座

能力開発「パズル道場」年長~小6対象

新教科書対応!英語LEXジュニア 小学英語必須英単語700後を先取り!小6対象

外国人とマンツーマン英会話。英語LEX 読む・聞く・話す・書くの4技能を育てる。小4~高3対象

中高生の味方!定対スペシャル 定期テスト対策の決定版。中1~高3対象

伝統の土曜補習がリニューアル 中1~中3・高1~高3・既卒対象 模試活用と演習量拡大へ

サマプロ・ウイプロ積立夏期・冬期講座に備えて、積立金制度を導入。小1~高3対象。